The Black Gateの書籍/書籍名F〜L(The Black Gate)

LOGBOOK OF ASTELLERON

原文

... I have grown lonely here on the island. Despite my golems, I have no one with whom I can converse, no one with any personality. Even the animals spend less time here than on the main island. Each day I look upon the horizon for a sign of someone. I have no fear of strangers, for either I will meet the Avatar, or the golems I created to protect the Shrines will fend off hostile visitors...

...I am exhilirated! Today, while on the main island, I happened by a tree. While this is not inherently odd, I noticed that the tree seemed to grow not out of the ground, but from a large rock. Equally unusual was the five stones surrounding it, each located the same distance from each other and from the center stone. They looked much like they could represent vertices of a five-pointed star. And then I realized to what I was a witness: the legendary Stone of Castambre. Even had I not noticed the Tree of Life springing forth from the boulder, the Pentacle of rocks gave all away...

...The first test was a success. I used a pick to chip away a bit of the stone. I was startled at first by the bleeding, but as I heard not a whit of any sound indicating pain, I continued. I am about to confer with the book to determine my next action...

...I am afraid I will have little time to continue this journal for the moment. I realize that a true scientist would record daily with the utmost accuracy what he has done and witnessed, but the amount of work each day requires leaves me long past the point of exhaustion...

...I have done it! My newest two golems can actually speak! And they offer original comments, not mere echoes of my own thought. The instructions in the book are correct. Bollux, my first attempt, succeeded, but my inexperience left him a little less intelligent than I would have preferred. However, his "brother," Adjhar, benefited from my mistake with the other, and has full speech capabilities. As I sit now, writing this, I can hear them discussing weather! I must go now and talk with them. Oddly enough, the sky no longer seems overcast...

翻訳

(Dai) アステレロンの日誌

・・・私は島のここで一人になった。私のゴーレム達がいるが、私には会話が出来る相手や人格を持った者がいない。動物達でさえこの島に本島よりも長く居座ることがない。毎日誰かがやってこないかと水平線を眺めている。私は見知らぬ人も怖くなく、私がアバタールに会うか、私が神殿を守るために作ったゴーレム達が敵意のある訪問者達を受け流すかどちらか・・・

・・・心が躍る!今日、本島で、一本の木を見つけた。本来なら別におかしな事ではないが、その木は地面からではなく、一個の巨大な岩から生えているようだという事に私は気付いた。それと同じくらい不思議なのは、5つの石がそれを囲んでいて、各石と中心の石がそれぞれ等間隔で置かれている事だ。それらはまるで五亡星の頂点を表しているように見えた。そしてそれは私が見たことのある物だと気がついた。伝説のカスタンブリの石だ。もし私が丸石から外へ突きだしている命の木に気付かなければ、岩の五亡星は・・・を逃して・・・

・・・最初のテストは成功した。私は少しずつ少量の石を削り取るために鶴嘴を用いた。最初は血が流れ出したことに驚いたが、痛みを表すような音声は少しも聞こえなかったので、続けた。次の行動を決めるため、本を参照するつもり・・・

・・・当分の間この日誌をつける時間が無くなるのではないかと思う。真の科学者は毎日最高の正確さを持って自分が行った事と目撃した事を記録するものだとわかってはいるが、毎日必要な作業をこなすのに長い間私は疲れてしまい・・・

・・・成功だ!私の新しい二体のゴーレムは本当に言葉を話すのだ!さらに彼等はただの私自身の思考の反響ではなく、独自の意見を話す。私の最初の実験であるボーラックスは成功したが、私の未熟さのせいで私が望んだほどよりは少し知性が欠けてしまった。しかし、彼の「弟」であるアジャーは、先ほどの私の手違いが役に立って、完全な会話能力を身につけた。私が今座ってこれを書いている間にも、彼等が天気の話をしているのが聞こえてくるのだ!今にでも彼等の元へ行って話をしなければならない。実に奇妙だが、空はもはや曇っている様子はなく・・・

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-20 (月) 07:26:42 (3381d)