The Black Gateの書籍/書籍名M〜S(The Black Gate)

MY NOTEBOOK

by Alagner

原文

These are my observations concerning the organization known as The Fellowship. Although The Fellowship portends to be a group of optimists with a philosophy called `Triad of Inner Strength', there are many fallacies which can be gleaned by careful examination of the group's `values'.

The first `value' is Strive For Unity. This implies that that we should all work together in harmony and towards one goal in life. However, careful examination of this tenet reveals that members of The Fellowship consider themselves an elite group, and a prejudicial one at that. They tend to believe that if one is not for them, then they are indeed against them! And if one is against them, then may fortune be with that person, for he/she may very well come to a bad end!

The second `value' is Trust Thy Brother. This implies that each member trusts implicitly other Fellowship members, and that each will do favors or deeds for another without question. On the other hand, this might mean that a member should do what another says REGARDLESS of the implications of the act. In other words, `do as I say and do not question it!' seems to be the underlying subtext of this tenet.

The third `value' is Worthiness Precedes Reward. If one does good deeds for The Fellowship, then one will be rewarded. The other side of the coin, of course, is that if one does NOT do good deeds for The Fellowship, then one will get his JUST reward! In The Fellowship, a `reward' can be either `good' or `bad'!

The Fellowship has been duping the masses of Britannia now for twenty years. They are becoming stronger and stronger. After careful study, I have come to the conclusion that the group is serving some higher, malevolent entity, referred to by the organization's inner circle as `The Guardian'. More information needs to be obtained about The Guardian, but I am certain that he is very dangerous.

The Fellowship seems to be organized into three distinct grades of members. Grade One consists of the general masses of naive innocents who have joined, thinking that their pathetic little lives will be helped in some way. Grade Two consists of the various branch leaders who make up the inner circle of Fellowship leaders.

There is also a Grade Three '--' those Fellowship leaders who are in administrative positions within the group: men such as Batlin, and the mysterious couple Elizabeth and Abraham who travel the country distributing The Fellowship's funds. (Not much is known about these two '--' it is said they are twins '--' brother and sister.) I believe that the few Grade Three members are in direct communication with The Guardian and believe they will be serving as his lieutenants should The Guardian ultimately gain power in the land.

Already, The Guardian is promising to be a powerful threat. Magic in Britannia has taken a turn for the worse in the past few years. I believe that The Guardian has done something to cause this malady. Not many people have noticed that Britannia's problem with Moongates '--' their being so unreliable '--' occurred around the same time.

It follows that The Guardian is most likely responsible for this serious plague. The Guardian also possesses some kind of power which allows him to speak to and `charm' naive innocents so that they will gladly join The Fellowship and become Grade One members. These unfortunate lambs will most likely become The Guardian's slaves should he ever come into power.

After I have obtained enough proof of my theories concerning The Fellowship, I shall present this notebook to Lord British himself and rid Britannia of these very dangerous, lying fascists.

翻訳

(Dai)

アラグナーのノート

 以下はフェローシップと呼ばれる団体に関する私の観察報告である。フェローシップは「三つの内なる力」と呼ばれる哲学を掲げる楽観論者達の集団になる前触れであるが、グループの「価値」を注意深く調査すると誤った考えが多くある。

 一つ目の「価値」は「協力して努めよ」。これは我々は全ての仕事を共に調和を持って行い、人生の一つの目的を目指すべきだという意味である。しかし、この教義を注意深く観察すると、フェローシップの会員達は自分達をエリート集団だと考え、そしてその点で偏見を持った人間なのである事が明らかになる。彼らは彼らに賛成しない人達は実際には彼らに反対していると信じ込むのである。そして彼らに反対する者は、その人に運があったとしても、その彼または彼女は酷い結末へ向かうだろうというのである。

 二つ目の「価値」は「汝の兄弟を信頼せよ」これは各会員は他のフェローシップの会員を絶対的に信頼し、しかもそれぞれの望みは他人に対する何の疑問もない好意や行いだという意味である。一方では、このことは会員は他人の言うことに対して、それが何を意味するのかに関わらず従うべきだという意味にもなりうる。言い換えるならば、「私の言う通りにしろ、そしてそれに疑問を持つな」。この教義の裏にある背後に隠された意味のようである。

 三つ目の「価値」は「価値は報酬に先立つ」。フェローシップに対してよい行いをした者は報酬を受け取る。裏を返せば、もちろん、フェローシップに対してよい行いをしなかった者はそれに値する報酬を受け取るというのである。フェローシップでは、「報酬」とは「良いもの」か「悪いもの」か両方の意味になりうるのである。

 フェローシップはこの20年の間ブリタニアの大衆をだましてきた。彼らはますます力を付けている。慎重な研究の結果、私はこの団体は上層部が「ガーディアン」と呼ぶ、何か高位の、悪意を持った実体に仕えているという結論を出した。ガーディアンに関するより多くの情報を得ることが必要だが、私は彼はとても危険な存在だと思う。

 フェローシップは三つの異なる会員階級で構成されているようである。第一階級は入会した単純で無邪気な一般大衆で成り立っていて、彼らは彼等の哀れな貧しい生活がどうにかして救われるだろうと考えている。第二階級はフェローシップの指導者達の上層部を構成する、様々な支部の指導者達である。第三階級もある。グループの管理者層にいるフェローシップの指導者達である。例えばバトリン、そして国中を旅してフェローシップの基金を分配している謎のカップル、エリザベスとエイブラハム(この二人に関してはあまり多くのことは分からない。彼等は双子、姉と弟であると言われている。)といった人間である。私はこのわずか3人の会員がガーディアンと直接の交信を持ち、自分達は彼の副官としてガーディアンがこの地上で究極的な力を得られるためにに仕えていると信じているだろうと思う。

 すでに、ガーディアンは強大な驚異を約束している。ここ数年、ブリタニアの魔法は悪化してきている。ガーディアンが何か行ってこの弊害を引き起こしたものと思われる。ほぼ同時期に起こったムーンゲートの問題にそれほど多くの人々は気づいていない。ムーンゲートは信頼できる物ではなくなっているのである。この深刻な災難には、ガーディアンにもっとも大きい原因がある。

 ガーディアンは単純で無邪気な人々がフェローシップに喜んで入会し、第一階級の会員になるために、彼等と話して「誘惑」するような力も持っている。これらの不運な無邪気な人々はガーディアンが力を得るための奴隷となってしまう恐れが大きい。

 私のフェローシップに関する説の十分な証拠を得た後、私はこのノートをロード・ブリティッシュ陛下に送り、ブリタニアからこれらの非常に危険な偽りのファシスト達を取り除くつもりだ。

コメント

(KtJ)

フェローシップは「三つの内なる力」と呼ばれる哲学を掲げる楽観論者達の集団になる前触れであるが、

optimistには「慈善団体の構成員」という意味があります。と、いうことで、やや強引ですが、

フェローシップは「三つの内なる力」と呼ばれる哲学を掲げる慈善団体を志向しているが

というのはどうでしょうか。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-21 (火) 07:07:56 (3561d)