The Black Gateの書籍/書籍名F〜L(The Black Gate)

THE FOREST OF YEW

by Taylor

原文

Though once the large, prosperous city of Justice, Yew has been swallowed by the Deep Forest. However, let not it be said that this turn of events was not by the will of the people. As the cities grew throughout the land, many found it difficult to continue peaceful existances as simple farmers and herders. More and more it became necessary to learn trades involving the exchange of goods and services, and the was considerably less instances of of self-sufficiency.

While most Britannian found this pleasing, there were those who wanted a return to the less mechanical side of life. And those same people, many of whom came from Yew, began to populate the Deep Forest. Though it will not be long before the growing cities and towns catch up to them, for now, many are able to lose themselves amongst the trees, the deer, and the Emps.

Oddly enough, very few people have actually encountered these ape-like creatures. Little is known about them, they seem to shun human contact. However, observations have revealed that they are definitely herbivores, nevering eating meat. The Emps forge homes from the wood of dead trees, and built shelters high up in the limbs of Silverleaf trees. Of course, Emps are not the only creatures who...

翻訳

(Dai) ユーの森

テイラー

かつてユーは大規模な公平の都市として繁栄したが、ディープ・フォレストに飲み込まれてきている。しかし、この変化が住民の意にそぐわないというわけではない。都市が大陸の隅から隅まで発達したので、多くの人々はただの農夫や牧夫として平穏に生活し続けることが困難になったと思っている。商品やサービスの交換などの交易についてより学ぶことが必要になり、自給自足の例などはずいぶんと少なくなっている。

多くのブリタニア人がこの状況を喜んでいるが、一方で、あまり機械的でない生活に戻りたがっている人々もいる。そしてこういった、多くはユー出身の人々が、ディープ・フォレストに住み始めるのである。発展していく都市や町が彼等を飲み込むのは時間の問題であろうが、現在、多くの人々は木々や鹿、そしてエンプ達に囲まれて没頭することが出来るのである。

じつに奇妙な事だが、実際にこの類人猿に似た生物に遭遇したという人ほんのわずかにいる。彼等はほとんどの人には知られていなく、どうやら彼等は人と接触するのを避けているようである。しかし、観察報告により、彼等は確実に草食性で、決して肉を食べないことが明らかになっている。エンプは枯れ木の木材で家を造り、シルバーリーフの木の大枝の上に隠れ家を建てる。もちろん、エンプは唯一の生物・・・

コメント



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-25 (金) 21:13:42 (1276d)